min117の日記

初期desireもち。趣味Mac,メインFedora,仕事xp。

GoogleAdSense グーグルから「収益が確認額に達したことによる確認」の郵送物が来たので開封

 

Google AdSense から予告なく郵送物が送られて来た。「アカウントに関する重要なお知らせ」とある。

f:id:min117:20170306130241p:plain

キリトリ線に沿って切り離した。

f:id:min117:20170306130442p:plain

裏はこんな感じ。開けてみる。

f:id:min117:20170306130547j:plain

Google AdSense 個人識別番号(PIN)が書かれていた。

f:id:min117:20170306131647p:plain

アメリカ旅行でもしょっちゅう見かけたPINコードというもの。GoogleAdSenseの収益を入金してもらうのに使うようだ。

趣味のサイトなので収益は二の次だが、もらえるものはもらっておこう。郵送物の指示通りに進めていく。

ーーー

まずは www.google.com/adsense/ に行く。

f:id:min117:20170306131831p:plain

いつものアカウント選択の画面で、GoogleAdSense に使っているアドレスを選ぶ。

f:id:min117:20170306131954p:plain

「お客様の住所の確認が完了していないため、お客様のお支払いは現在保留中有となっています」とある。また、右上のベルマークに赤色の注意がある。

f:id:min117:20170306132157p:plain

右上のベルマークを押してみる。「操作」のリンクが出てきたのでクリック。

f:id:min117:20170306132340p:plain

「お客様の収益が、確認の基準額に達しました」とある(支払いの基準額ではないわけね)。画面下部に PINコード の入力画面があるので、ここに、郵送物にあったPINを入力する。

f:id:min117:20170306132416p:plain

画面右上から「お支払いのページを表示」してみる。

f:id:min117:20170306132700p:plain

お支払い基準額 には全然達していない(まだ14%)。それでも、この時点でアカウントの確認はする仕組みになっているようだ。「お支払い方法を追加」のリンクをクリックしてみる。

f:id:min117:20170306132725p:plain

収益を入金してもらう銀行口座を登録する画面が出てきた。

f:id:min117:20170306132848p:plain

登録したものの「入力値が無効です」となってしまう。よく読むと半角カタカナで入力とある。

f:id:min117:20170306133225p:plain

口座の確認のため(?)なのか、Googleデポジット(保証金)を入金してくれるようだ。その入金を確認後、ペイメントセンターなるリンクにアクセスし、デポジット金額を入力する流れらしい。

f:id:min117:20170306133707p:plain

「ペイメントセンター」のリンクをクリックしてみた。確かに金額入力欄がある。

f:id:min117:20170306133839p:plain

直後に銀行の入出金明細をオンラインで見てみたが、まだデポジットは入金されていないようだ。しばらく待ってみる。

bash ファイル名の年月日と時刻の間にアンダーバーを挿入する(正規表現・awk)

ハイビジョン録画ファイルの命名規則を途中で変えてしまった。

ーーー

① ファイル名の年月日時刻の間にアンダーバーある

$ ls | grep -e '^NHK_........_.*' | tail -n 3

NHK_20170304_070001.ts.mp4

f:id:min117:20170306114239p:plain

ーーーー

② ファイル名の年月日時刻の間にアンダーバーない

$ ls | grep -e '^NHK_........[0-9].*' | tail -n 3

NHK_20170113070002.ts.mp4

f:id:min117:20170306114232p:plain

ーーー

①で統一したい。まずは for文でキャプチャしてみる。

$ for i in `ls | grep -e '^NHK_........[0-9].*' | tail -n 3`; do echo "$i"; done

f:id:min117:20170306115040p:plain

できた。あとはアンダーバーを入れる処理を echo の次に入れる。これが難しい。

 NHK_20170113070002.ts.mp4

  ↓ アンダーバー挿入

 NHK_20170113_070002.ts.mp4

ーーー

処理としては

 NHK_20170113

までをまずは切り出して(手順①)、そのあとにアンダーバーを足して

 NHK_20170113_

にしてから、残りの

 070002.ts.mp4

を切り出して(手順②)連結し、最終的に

 NHK_20170113_070002.ts.mp4

になるようにする。

ーーー

手順①について。

bashで文字の切り出し(substr)が必要になる。awkできそう。

codezine.jp

 

スクリプトにする。

$ vim add_underBAR.sh

f:id:min117:20170306224632p:plain

実行してみる。

$ ./add_underBAR.sh

f:id:min117:20170306224817p:plain

手順① の切り出しはできた。同じ要領で手順②の切り出しもできる。

ーーー

アンダーバー挿入までのソース

$ vim add_underBAR.sh

f:id:min117:20170306225719p:plain

実行してみる。

$ ./add_underBAR.sh

f:id:min117:20170306225813p:plain

うまくいった。最後はファイル名変更(mv)すればよい。

ーーー

最終ソース

$ vim add_underBAR.sh

f:id:min117:20170306230523p:plain

実行してみる。

$ ./add_underBAR.sh

f:id:min117:20170306230552p:plain

完成。

bash 画像の撮影日時(EXIF)を「YYYYMMDD_HHMMSS」形式で取り出してファイル名に付ける(awkとsedで)

iPhoneで撮ったシンガポール旅行の写真を、Macの「写真」アプリに取り込み&書き出しを行ったら、ファイル名が「IMG_0775.JPG」のようになってしまった。これではいつとった写真か分からない

ーーー

(やりたいこと)

IMG_0775.JPG

 ↓

 ①ファイル内に持っている撮影日時EXIF情報)を取り出す

 ↓

 ②ファイル名に追加する

 ↓

20170228_124116_IMG_0775.JPG

 

ーーー

①をできるかテスト

f:id:min117:20170304131834p:plain

できた。

$ identify -verbose IMG_0775.JPG  | grep DateTime: | awk '{print $2"_"$3}' | sed -e s/://g

printの出力結果を加工するために青文字のところでアンダーバーをいれてるのがコツ

ーーー

ファイル1個(IMG_0775.JPG)を使って、変更後の名前がどうなるかテスト

f:id:min117:20170304132932p:plain

ほしい名前を作れることがわかった。

ーーー

あとは②をするためのfor文を作ればよい。スクリプトにする。

$ vim addEXIF.sh

f:id:min117:20170304133859p:plain

f:id:min117:20170304134011p:plain

実行

$ ./addEXIF.sh

f:id:min117:20170304133853p:plain

うまくいった。

ーーー

EXIF撮影日時情報がないときは処理しないように改良。

f:id:min117:20170304135914p:plain

格安SIM マレーシアの現地キャリアdigi 商品名BEST(7GBプラン/1,040円)を使ってみる

プランは1.5GBと7GBがあった。シンガポールからの日帰り旅行だが1.5GBでは心許ないので7GBのほうを契約。

40リンギット。約1,040円(1リンギット=26円)。

f:id:min117:20170228162913p:plain

f:id:min117:20170228163653p:plain

RM とあるのはマレーシア通貨リンギットのこと。

f:id:min117:20170304141218j:plain

 

SIMフリーのルータで使用する。

確認くん

f:id:min117:20170228163212p:plain

f:id:min117:20170228163223p:plain

スピードテスト

f:id:min117:20170228163721p:plain

シンガポール旅行 無料Wi-Fi事情

 

シンガポール旅行。無料のWi-Fiについて。 2017/1/25時点。

アジア圏では、無料のWi-Fiを使うにはSNSが必要。つまり無料のWi-Fiを使うために、いったんはSNSメールを介して認証を受ける必要がある。ところが、海外では ドコモメールもソフトバンクメールもauメールも使えない!で、どうする? となり、困った。

ーーー

無料Wi-FiSNS認証使わせる(なんてケチなセキュリティにする)のはアジアだからか。アメリカでは無料だったのに…と思っていたら、当の日本自体もそうだった。日本国内で、自由にSNSを受けられる環境にいたから気づかなかっただけで。

ーーー

シンガポールでどうしたかを、アメリカと比較して詳しく書く。

ーーー

アメリカ/シンガポール共通

 ① iPhoneの設定画面から無料のWi-Fiを選択する

 ② SSIDの下に「セキュリティに関する警告」という文字が出る。

 ③ 認証画面に飛ばされる。

 ここからが違う。

アメリカの場合

 ④ 「CONNECT」のようなボタンが出る

 ⑤ それを押すだけ。

 これだけで無料のWi-Fiが使用できるようになるのがほとんど。

シンガポール(日本も)の場合

 ⑥ 「LOGIN」のようなボタンが出る

 ⑦ 押すと、氏名/生年月日/日本の携帯番号/メールアドレス等を入力させられる

 ⑧ 入力して進むと、日本の携帯番号のSNS宛にパスワードの書かれたメールが行く

 ⑨ それを入力して初めて無料Wi-Fiに繋がる

ーーー

⑧がかなり厄介。日本のSNS宛にメールを飛ばされても、今は海外(シンガポール)にいるのだから、受けるすべがない。

ーーー

解決法1(ソフトバンクのみ可能)

 とりあえずソフトバンク携帯の電源を入れてみる。

 なんと、今回はこれで解決してしまった。ソフトバンクの場合、海外に出ると勝手にローミング(海外でも使えるサービス)に接続してくれる(ただし、通信料がバカみたいに高くなる)

 今回も、自動的に現地の通信会社 SingTel の通信網に自動で接続してくれた。以下画像右上の電波マークのところに「R」が表示されて、ローミング状態であることがわかる。しかも即座にSNSメールで「国際ローミングサービスを使用しています(通信料バカ高いよ)/このメールは無料です」を送ってくれる。さすがはソフトバンク。国際サービスが素晴らしい。

f:id:min117:20170225134748p:plain

 通信料は怖かったが「SNS1通くらいならたぶん数百円で済むだろう」と思い、おそるおそるSNSを受信。⑧の認証メールを受け取り、⑨に進んでめでたく無料Wi-Fiに接続できた。

ソフトバンク携帯は、Desire(2010年発売の銀SIMで動く)を未だに使用している。画像はその画面のキャプチャ。

※ アメリカ旅行の際に経由した韓国(仁川国際空港)でもソフトバンクの自動ローミングは働いた。ガラパゴスの日本で、こんなふうにちゃんと国外利用を見据えて顧客サービスを展開する企業はあまり無い。

解決法2

 シンガポールの国際空港(チャンギ国際空港)のインフォメーションカウンタに行き、Wi-Fiを使いたい旨を伝える。これだけで、⑥⑦までが済んだ状態の「接続IDとパスワード」をくれるらしい。最初からこうすればよかった。接続は、iPhoneに出てくる無料のSSIDのうち「Wireless@SG」を選ぶ。シンガポール政府が提供する無料Wi-Fiで、街中のいろんなところに電波が飛んでいる。

シンガポール旅行 大活躍した海外用コンセント「MOCREO 安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ」使い方レビュー

シンガポール旅行。スマホの充電は情報の命。旅行に出る直前にポチった「MOCREO®安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ」がとても便利だった。

たった1600円で全世界使えて品質OKなんだから言うことなし。

ただ肝心のコンセントの挿し方が分かりにくいのがもったいない。

ので、使い方の注意点をレビューしておく。

ーーー

シンガポールのコンセントBF と言われる3つ穴の形状(右から3つ目)。

海外のコンセント・プラグ形状と種類 電圧の一覧

f:id:min117:20170225084057p:plain

ちなみに、イギリスもこの形状らしい。

ーーー

買ってはみたものの、現地のコンセントに挿さらない。空港のチャージスペースに3つ穴があるのに使えない 時の絶望感と言ったらない。

f:id:min117:20170225090717j:plain

不良品か?と疑ったが、挿し方を知らないだけだった。

ーーー

まずは、製品真ん中のMODEボタンを押したまま「UK」側にずらす。

f:id:min117:20170225084502p:plain

出てくる突起のうち、指で真ん中のプラスチックを水平に上げる。

f:id:min117:20170225084306j:plain f:id:min117:20170225084749j:plain

これでやっと3つ穴に挿さるようになる。

f:id:min117:20170225084927j:plain

旅行サイトなんかに「BFタイプでも2つ穴の場合もあります」とか書いてあるから、まるまる信じて、プラスチック水平にしないまま(3本目を作らないまま)差し込もうとして、あやうく本体を壊しかけた。BFタイプ3つ穴

ーーー

次に、日本のコンセントの挿し方。結論からいうと、画像の赤枠の部分に挿す。

f:id:min117:20170225090054p:plain

上から見るとこうなる。青枠の部分に、日本のコンセントを突き刺す。

f:id:min117:20170225090409p:plain

ユニバーサルソケットというらしい。知ればなんてことないが、知らないとかなりイラっとするので買う前に把握しておくといい。

シンガポール旅行 現地の格安SIM「M1」(100GB/15ドル)を「R-SIM10」で使えるか試す

 

シンガポール旅行。日本国内で海外SIMを買って付けて行ったのでは、せっかくの海外旅行の醍醐味がなくなってしまう。現地で格安SIMを調達する。

f:id:min117:20170224134443j:plain

当然のことだが SIMフリースマホないしルータを持っていることが前提。それがなければ、現地のSIMを買ったところで動くわけがない。

ーーー

ただし今回は、あえてSIMフリースマホルーターは持たず、SoftbankSIMロックがかかったままのiPhone持っていって、SIMフリーにする下駄「R-SIM」を使ってSIMフリー化しそこに現地SIMを挿して使えるか試してみる。

ーーー

結論から書くと、ダメでした。

現地格安SIM「M1」+ SIMフリー下駄「R-SIM10」の組み合わせ

f:id:min117:20170224134443j:plain + f:id:min117:20170225070726p:plain

動作せず。

ーーー

以下2017年2月24日(金)時点の情報。チャンギ国際空港第1ターミナルにて。

f:id:min117:20170225071555j:plain

格安SIMは3つほど見た。

 激安 M1 Prepaid Tourist SIM

  → 15ドル100GB/5日間

  → 30ドルで100GB/5日間

 高い Singtel hi!Tourist SIM

  → 以前はキャンペーンで安かったらしいが今は高い。

  → 15ドルで4GB/5日間

  → 30ドルで14GB/7日間

  → 銀行(両替)の窓口で契約できるようだ。詳しくは以下リンク。

   SingtelのプリペイドHi!tourist SIM Card $15をシンガポール・チャンギ空港で探す : さざなみ壊変

 高い ハローキティのもの 

  → 見る価値なし。

ーーー

当然、M1の15ドルにする。

f:id:min117:20170224134247j:plain

M1 は、信頼の情報誌「週刊アスキー」でも勧められていたから、まず間違いあるまい。

スマホ好きはシンガポールまで週末ショッピング - 週刊アスキー

f:id:min117:20170225072314p:plain

SIMの契約のしかた

 ・窓口にいく

  店員「How long do you stay?(何日泊まるの?)」と聞いてくる。

  → 5日以内だと15ドル、それ過ぎると30ドルを勧められる。

  → 今回は7日間の宿泊だけど、買うのは15取るので充分。

  俺「I'll stay 7days, but I'll by 15(フィフティーン)dollors

  (7日間の滞在だけど、あえて5日用の=15ドルの を買うよ)

  店員「Oh... left 2 days you can't use...

  (Oh..5日使った残りの2日間は使えなくなるけどいいの?)

  俺「OK, I understand. Left two days, I'll use Wi-Fi, so, No problem all

  (わかってる。残りの2日はWi-Fi使うから問題ないっす)

f:id:min117:20170225072435p:plain

現金で15ドルを支払って購入。1シンガポールドル84円としても

日本円だと(84円 x 15ドル で)1260円

f:id:min117:20170224135514p:plain

安い。100GB/5日間/1260円/LTE通信。かなり安いといっていいんではないか。R-SIMで動けばだけど。

ーーー

購入した SIMはアクティベートが必要。それは店員が、店のスマホを使ってやってくれる。SIMを指して、決められた電話番号「#100*2#」に電話するとアクティベートされるらしいが、この辺は店員にお任せでやってもらった。

f:id:min117:20170225075824j:plain

f:id:min117:20170225074519p:plain

シャープで囲むようなこの番号は、以前にスマホiPhoneの脱獄やAndroidのROM焼きをしたときに似たようなのを見たことがある。特殊な操作をOSにさせるATコマンドみたいなものだろう。

ーーー

アクティベートされたSIMをR-SIMに乗せてiPhoneに挿してみる。M1の定員も初めて見るようで説明してあげた。

f:id:min117:20170225070726p:plain

 店員「What!? I've never seen this

 俺

 Japanese SmartPhone All are SIM ROCKED as AU or SOFTBANK or DOCOMO... 

 this iPhone also ROCKED as SOFTBANK.

 But THIS(R-SIM) make my iPhone to SIM UNROCKED,

 So, I'll try your M1 SIM CARD via this R-SIM

 日本のスマホって全て、auソフトバンクかドコモでSIMロックされてて…

 このiPhoneソフトバンクのロックがかかってるんだけど

 このR-SIMを使うと、iPhoneSIMロックをできるから、

 今買ったM1のSIMカードを、R-SIM使って認識させたいんですよ

 店員

 Oh... I'haven't ever seen..

 そうなの…初めて見たわ

 俺

 OK, try it!!

 よっしゃ、やってみましょう

 ーーー

購入した M1 のSIMをR-SIM10に乗せて SIMロックiPhone5cに投入する。店員も興味津々のようだ。

f:id:min117:20170224134758j:plain

挿したあとは、R-SIMのサイトにある手順どおりに進めていく。まずはキャリア選択画面が出るが、この携帯はもともとソフトバンクで使っていたものなので「Softbank」を選択する。

ーーー

そのあとに出てくる、電波の種類を選ぶ画面が問題。国内のSIM(例えば IIJ BIC-SIM)だと、画面上の「TMSI.2G3G4G」を選べばいいはずだが…

f:id:min117:20170225080138p:plain

これを見ていた M1 店員は「下3つの CDMA は違うと思うわよ!CDMAは中国の規格だし、2Gか4Gでしか動かないはずだけど、仮にシンガポール国内に持ち込んでも、もう2G回線の電波なんて古すぎて飛んでないし、使えない。チャイナ用だから、違うと思うよ!」と興奮ぎみ。ここはいつもどおり「TMSI.2G3G4G」を選んで進めてみる。

ーーー

次の画面は M1 と M2(iOS8-iOS9)と出た。目の前の店員(現地回線業者)M1 とは全然関係ない。iOSは10なので、新しそうな M2(iOS8-iOS9) のほうを選ぶ

f:id:min117:20170225080919p:plain 

最後は「了解」をタップして、直後に本体を再起動する。

f:id:min117:20170225081208j:plain

再起動後、ワクワクしながら待ってみたが「圏外」となってしまい繋がらなかった。電波のリセット(機内モードON→数秒待つ→OFF→数秒待つ)したが、変化なし。もしかしたらプロファイルの設定が必要なのかもしれないが、最初のアクティベートは上記コマンド操作(店員がやった)でやってしまったので、プロファイル情報らしき書類はもらえていない。あとでネットで調べてみる。

ーーー

さらに試しに「TMSI.2G3G4G」の画面の選択をGSM Mode(2G/3G/4G Card)」にして試してみたが、今度は再起動後に「不正なSIMです」と出てしまい、やはり使えなかった。

ーーー

ということで、せっかく契約した現地格安SIMだが、R-SIMを介した擬似SIMフリーiPhoneでは使えなかった。100GBも使えるのに眠らせておくのはもったいないので現地でSIMフリーのモバイルルータを購入して使うことにする。