読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

min117の日記

初期desireもち。趣味Mac,メインFedora,仕事xp。

Amazon Cloud Drive にコマンドでアクセスして一括アップロード

Amazon

 

APIを使ってアプリ作ってアップロードするにはAmazonホワイトリスト登録が必要

とか、いろいろ制約あるみたいで面倒そう。

少しググると、python製の良さそうなのが既に作られてた。

pyamazonclouddrive - Trying to access Amazon Cloud Drive with Python - Google Project Hosting

手順はこれか。

f:id:min117:20151205210235p:plain

ーーー

さっそくfedoraにインストールする。

f:id:min117:20151205210454p:plain

svnからか…

 ーーー

subversion のインストール。

このへん参照。

Subversionのインストール - 玄箱HGにFedoraを入れて自宅サーバを構築 - Amonution

f:id:min117:20151205211035p:plain

# yum -y install subversion

f:id:min117:20151205211408p:plain

まずは subversionのインストール完了。

ーーー

pythonツールをチェックアウト。

svn checkout http://pyamazonclouddrive.googlecode.com/svn/trunk/

f:id:min117:20151205211739p:plain

cdしてセットアップ実行。

./setup.py install

f:id:min117:20151205212158p:plain

インストール先は /usr/bin らしい。

f:id:min117:20151205212309p:plain

使い方や文法はこれか。

f:id:min117:20151205212656p:plain

さっそくエイリアスを切る。

# vim ~/.bashrc

alias acdget='acdget.py -s ~/.acdsession --domain=www.amazon.co.jp'

alias acdlist='acdlist.py -s ~/.acdsession --domain=www.amazon.co.jp'

alias acdmkdir='acdmkdir.py -s ~/.acdsession --domain=www.amazon.co.jp'

alias acdrecycle='acdrecycle.py -s ~/.acdsession --domain=www.amazon.co.jp'

alias acdput='acdput.py -s ~/.acdsession --domain=www.amazon.co.jp'

alias acdcat='acdcat.py -s ~/.acdsession --domain=www.amazon.co.jp'

# source ~/.bashrc

ーーー

まずはコマンド単体で試してみる。

クラウドにあるファイルのリストを取りたい。

# acdlist -h

f:id:min117:20151205215927p:plain

ログインIDになるemailとパスワードがあればいいみたい。

ファイルに書いてログインを試す。

f:id:min117:20151205220004p:plain

ダメ。

usernameが取れてないらしい。調べなきゃか。