min117の日記

初期desireもち。趣味Mac,メインFedora,仕事xp。

シンガポール旅行 現地の格安SIM「M1」(100GB/15ドル)を「R-SIM10」で使えるか試す

 

シンガポール旅行。日本国内で海外SIMを買って付けて行ったのでは、せっかくの海外旅行の醍醐味がなくなってしまう。現地で格安SIMを調達する。

f:id:min117:20170224134443j:plain

当然のことだが SIMフリースマホないしルータを持っていることが前提。それがなければ、現地のSIMを買ったところで動くわけがない。

ーーー

ただし今回は、あえてSIMフリースマホルーターは持たず、SoftbankSIMロックがかかったままのiPhone持っていって、SIMフリーにする下駄「R-SIM」を使ってSIMフリー化しそこに現地SIMを挿して使えるか試してみる。

ーーー

結論から書くと、ダメでした。

現地格安SIM「M1」+ SIMフリー下駄「R-SIM10」の組み合わせ

f:id:min117:20170224134443j:plain + f:id:min117:20170225070726p:plain

動作せず。

ーーー

以下2017年2月24日(金)時点の情報。チャンギ国際空港第1ターミナルにて。

f:id:min117:20170225071555j:plain

格安SIMは3つほど見た。

 激安 M1 Prepaid Tourist SIM

  → 15ドル100GB/5日間

  → 30ドルで100GB/5日間

 高い Singtel hi!Tourist SIM

  → 以前はキャンペーンで安かったらしいが今は高い。

  → 15ドルで4GB/5日間

  → 30ドルで14GB/7日間

  → 銀行(両替)の窓口で契約できるようだ。詳しくは以下リンク。

   SingtelのプリペイドHi!tourist SIM Card $15をシンガポール・チャンギ空港で探す : さざなみ壊変

 高い ハローキティのもの 

  → 見る価値なし。

ーーー

当然、M1の15ドルにする。

f:id:min117:20170224134247j:plain

M1 は、信頼の情報誌「週刊アスキー」でも勧められていたから、まず間違いあるまい。

スマホ好きはシンガポールまで週末ショッピング - 週刊アスキー

f:id:min117:20170225072314p:plain

SIMの契約のしかた

 ・窓口にいく

  店員「How long do you stay?(何日泊まるの?)」と聞いてくる。

  → 5日以内だと15ドル、それ過ぎると30ドルを勧められる。

  → 今回は7日間の宿泊だけど、買うのは15取るので充分。

  俺「I'll stay 7days, but I'll by 15(フィフティーン)dollors

  (7日間の滞在だけど、あえて5日用の=15ドルの を買うよ)

  店員「Oh... left 2 days you can't use...

  (Oh..5日使った残りの2日間は使えなくなるけどいいの?)

  俺「OK, I understand. Left two days, I'll use Wi-Fi, so, No problem all

  (わかってる。残りの2日はWi-Fi使うから問題ないっす)

f:id:min117:20170225072435p:plain

現金で15ドルを支払って購入。1シンガポールドル84円としても

日本円だと(84円 x 15ドル で)1260円

f:id:min117:20170224135514p:plain

安い。100GB/5日間/1260円/LTE通信。かなり安いといっていいんではないか。R-SIMで動けばだけど。

ーーー

購入した SIMはアクティベートが必要。それは店員が、店のスマホを使ってやってくれる。SIMを指して、決められた電話番号「#100*2#」に電話するとアクティベートされるらしいが、この辺は店員にお任せでやってもらった。

f:id:min117:20170225075824j:plain

f:id:min117:20170225074519p:plain

シャープで囲むようなこの番号は、以前にスマホiPhoneの脱獄やAndroidのROM焼きをしたときに似たようなのを見たことがある。特殊な操作をOSにさせるATコマンドみたいなものだろう。

ーーー

アクティベートされたSIMをR-SIMに乗せてiPhoneに挿してみる。M1の定員も初めて見るようで説明してあげた。

f:id:min117:20170225070726p:plain

 店員「What!? I've never seen this

 俺

 Japanese SmartPhone All are SIM ROCKED as AU or SOFTBANK or DOCOMO... 

 this iPhone also ROCKED as SOFTBANK.

 But THIS(R-SIM) make my iPhone to SIM UNROCKED,

 So, I'll try your M1 SIM CARD via this R-SIM

 日本のスマホって全て、auソフトバンクかドコモでSIMロックされてて…

 このiPhoneソフトバンクのロックがかかってるんだけど

 このR-SIMを使うと、iPhoneSIMロックをできるから、

 今買ったM1のSIMカードを、R-SIM使って認識させたいんですよ

 店員

 Oh... I'haven't ever seen..

 そうなの…初めて見たわ

 俺

 OK, try it!!

 よっしゃ、やってみましょう

 ーーー

購入した M1 のSIMをR-SIM10に乗せて SIMロックiPhone5cに投入する。店員も興味津々のようだ。

f:id:min117:20170224134758j:plain

挿したあとは、R-SIMのサイトにある手順どおりに進めていく。まずはキャリア選択画面が出るが、この携帯はもともとソフトバンクで使っていたものなので「Softbank」を選択する。

ーーー

そのあとに出てくる、電波の種類を選ぶ画面が問題。国内のSIM(例えば IIJ BIC-SIM)だと、画面上の「TMSI.2G3G4G」を選べばいいはずだが…

f:id:min117:20170225080138p:plain

これを見ていた M1 店員は「下3つの CDMA は違うと思うわよ!CDMAは中国の規格だし、2Gか4Gでしか動かないはずだけど、仮にシンガポール国内に持ち込んでも、もう2G回線の電波なんて古すぎて飛んでないし、使えない。チャイナ用だから、違うと思うよ!」と興奮ぎみ。ここはいつもどおり「TMSI.2G3G4G」を選んで進めてみる。

ーーー

次の画面は M1 と M2(iOS8-iOS9)と出た。目の前の店員(現地回線業者)M1 とは全然関係ない。iOSは10なので、新しそうな M2(iOS8-iOS9) のほうを選ぶ

f:id:min117:20170225080919p:plain 

最後は「了解」をタップして、直後に本体を再起動する。

f:id:min117:20170225081208j:plain

再起動後、ワクワクしながら待ってみたが「圏外」となってしまい繋がらなかった。電波のリセット(機内モードON→数秒待つ→OFF→数秒待つ)したが、変化なし。もしかしたらプロファイルの設定が必要なのかもしれないが、最初のアクティベートは上記コマンド操作(店員がやった)でやってしまったので、プロファイル情報らしき書類はもらえていない。あとでネットで調べてみる。

ーーー

さらに試しに「TMSI.2G3G4G」の画面の選択をGSM Mode(2G/3G/4G Card)」にして試してみたが、今度は再起動後に「不正なSIMです」と出てしまい、やはり使えなかった。

ーーー

ということで、せっかく契約した現地格安SIMだが、R-SIMを介した擬似SIMフリーiPhoneでは使えなかった。100GBも使えるのに眠らせておくのはもったいないので現地でSIMフリーのモバイルルータを購入して使うことにする。