読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

min117の日記

初期desireもち。趣味Mac,メインFedora,仕事xp。

シンガポール旅行 無料Wi-Fi事情

 

シンガポール旅行。無料のWi-Fiについて。 2017/1/25時点。

アジア圏では、無料のWi-Fiを使うにはSNSが必要。つまり無料のWi-Fiを使うために、いったんはSNSメールを介して認証を受ける必要がある。ところが、海外では ドコモメールもソフトバンクメールもauメールも使えない!で、どうする? となり、困った。

ーーー

無料Wi-FiSNS認証使わせる(なんてケチなセキュリティにする)のはアジアだからか。アメリカでは無料だったのに…と思っていたら、当の日本自体もそうだった。日本国内で、自由にSNSを受けられる環境にいたから気づかなかっただけで。

ーーー

シンガポールでどうしたかを、アメリカと比較して詳しく書く。

ーーー

アメリカ/シンガポール共通

 ① iPhoneの設定画面から無料のWi-Fiを選択する

 ② SSIDの下に「セキュリティに関する警告」という文字が出る。

 ③ 認証画面に飛ばされる。

 ここからが違う。

アメリカの場合

 ④ 「CONNECT」のようなボタンが出る

 ⑤ それを押すだけ。

 これだけで無料のWi-Fiが使用できるようになるのがほとんど。

シンガポール(日本も)の場合

 ⑥ 「LOGIN」のようなボタンが出る

 ⑦ 押すと、氏名/生年月日/日本の携帯番号/メールアドレス等を入力させられる

 ⑧ 入力して進むと、日本の携帯番号のSNS宛にパスワードの書かれたメールが行く

 ⑨ それを入力して初めて無料Wi-Fiに繋がる

ーーー

⑧がかなり厄介。日本のSNS宛にメールを飛ばされても、今は海外(シンガポール)にいるのだから、受けるすべがない。

ーーー

解決法1(ソフトバンクのみ可能)

 とりあえずソフトバンク携帯の電源を入れてみる。

 なんと、今回はこれで解決してしまった。ソフトバンクの場合、海外に出ると勝手にローミング(海外でも使えるサービス)に接続してくれる(ただし、通信料がバカみたいに高くなる)

 今回も、自動的に現地の通信会社 SingTel の通信網に自動で接続してくれた。以下画像右上の電波マークのところに「R」が表示されて、ローミング状態であることがわかる。しかも即座にSNSメールで「国際ローミングサービスを使用しています(通信料バカ高いよ)/このメールは無料です」を送ってくれる。さすがはソフトバンク。国際サービスが素晴らしい。

f:id:min117:20170225134748p:plain

 通信料は怖かったが「SNS1通くらいならたぶん数百円で済むだろう」と思い、おそるおそるSNSを受信。⑧の認証メールを受け取り、⑨に進んでめでたく無料Wi-Fiに接続できた。

ソフトバンク携帯は、Desire(2010年発売の銀SIMで動く)を未だに使用している。画像はその画面のキャプチャ。

※ アメリカ旅行の際に経由した韓国(仁川国際空港)でもソフトバンクの自動ローミングは働いた。ガラパゴスの日本で、こんなふうにちゃんと国外利用を見据えて顧客サービスを展開する企業はあまり無い。

解決法2

 シンガポールの国際空港(チャンギ国際空港)のインフォメーションカウンタに行き、Wi-Fiを使いたい旨を伝える。これだけで、⑥⑦までが済んだ状態の「接続IDとパスワード」をくれるらしい。最初からこうすればよかった。接続は、iPhoneに出てくる無料のSSIDのうち「Wireless@SG」を選ぶ。シンガポール政府が提供する無料Wi-Fiで、街中のいろんなところに電波が飛んでいる。