min117の日記

初期desireもち。趣味Mac,メインFedora,仕事xp。

べトナム旅行 関西国際空港(KIX)ラウンジ「金剛」を利用する → dカードGOLD、AmazonMasterCardGOLDどちらもOK

関西国際空港KIX)到着。

f:id:min117:20190915075342p:plain

 

空港で一晩明かしたが体調は完璧。早めに税関まで通過する。

f:id:min117:20190915075457p:plain

準備が完璧だったので、手荷物検査から税関通過まで30分かからず。eチケット番号の記載された旅程文書をプリントアウト持参してきたのが効いている。だいぶ早く着いたのでラウンジに入る。

 

南ゲートラウンジ「金剛」

f:id:min117:20190915081043p:plain

記載はないが、dカードGOLDとAmazonGoldカードを提示したら「どちらもお使いいただけます」とのこと。

f:id:min117:20190915080416j:plain

 

朝早いからか誰もいない。ラッキー。

f:id:min117:20190915080323j:plain

f:id:min117:20190915080333j:plain

f:id:min117:20190915080343j:plain

 

本日第一号で好きなものを飲む。

f:id:min117:20190915080403j:plain

WiFiも速かった。

f:id:min117:20190915080412j:plain

 

 

 

べトナム旅行 格安航空券サイトGOTOGATE でチケット購入+ dカードGOLD(VISA)決済 → 成功

いつも使っている格安航空券サイトBudgetAirベトナム行き航空チケットを買おうとして失敗してしまった。

min117.hatenablog.com

ApplePayしようと何度も画面を進めてはキャンセルを繰り返しすぎたせいかもしれない。

 

航空券が取れないと旅行自体がキャンセルになる。先延ばしにすることはできない。今年は仕事が忙しくて休みを変えることはできないからだ。

 

やむをえず、同じく格安なサイトGOTOGATEを利用してチケットを買うことにする。

f:id:min117:20190913102156p:plain

 

BudgetAirより少し値段が上がってしまうが誤差の範囲だ。

f:id:min117:20190913163053p:plain

「日本語の問合せ窓口なし」と買いてあることからしても、このGOTOGATEで予約した場合、全てが自己責任だ。キャンセルはほぼ不可能と思っておかないといけない。

 

航空券のキャンセルなんて、よくて全額没収、悪ければ倍くらい追加で支払わないとできないくらいそもそも難しいことなわけで、それをさらに(日本語じゃなくて)英語とか現地語でできなければいけないわけだから、無理に決まっている。

 

今回の旅行は30,000円前後だし、最悪旅行に行けなくても諦められる金額だからこのまま進める。

 

まあ、たったの31,500円で関空からベトナム往復(しかも手荷物が機内7kg+預け20kg分含まれる)のだからかなり安い。これが他の航空会社ならもっともっと高額(ANAなら70,000円くらいは取る)わけで、その半額で取れたらラッキー(ダメならもっかい取ろう)くらいで進める。

f:id:min117:20190914002053p:plain

予約のときはとにかく姓と名を入れ間違えないように細心の注意を払う。パスポートどおりにしないと航空券が無効になって買い直しになってしまうので。

 

「緊急医療および医療費保険」の欄は「いいえ」。保険はクレジットカード付帯のものを使うので、ここで追加する必要はない。

フレキシブル航空券は「すべての乗客を削除」する。

f:id:min117:20190914002601p:plain

min117.hatenablog.com

 

プランは「基本」でいく。

f:id:min117:20190914002938p:plain

他は全て「いいえ」

f:id:min117:20190914003049p:plain

 

問題はここ。

・乗客欄で、自分の姓名が逆になっていないか(パスポートどおりか)

手荷物欄は20kgの預け分と機内に手で持っていく7kg分が入っていることを目視。

「旅行の詳細」ボタンの内容を確認しておく。

f:id:min117:20190914003630p:plain

 

 

各項目を確認。

・出発の日付の確認

発の時刻の確認

・ここでは姓名が「名」「姓」の順に並んでいるので見間違えないように確認。

手荷物も確認。
f:id:min117:20190914003341p:plain

  

ここまで完璧にしたらクレジットカードの決済情報を埋めて「支払い」を押す。

f:id:min117:20190914013059p:plain

 

今回の支払いはdカードGOLDですることにした。海外旅行保険適用の条件に「旅費をdカードで支払うこと」とあるから。

min117.hatenablog.com

 

無事決済された。BudgetAirの苦労はなんだったのか、というくらいアッサリ。

 

「予約番号」が2つ発行されている(アルファベット6ケタ)。

f:id:min117:20190914003801p:plain

このアルファベット6ケタの旅行番号(例えばNZR8XYのようなは、あくまでGOTOGATEのサイトが受け付けましたという番号であって、旅券の番号(=Eチケット番号=13ケタ)ではない。 

 

GOTOGATEがEチケットを手配できたかどうか(ベドジェットエアから旅券を手配できたか)は「予約確認画面」ボタンから確認するか、または

 

GOTOGATEの領収書表示サイトへ行き

https://www.gotogate.jp/ryoushuushoetsuran

www.gotogate.jp

 

アルファベット6ケタの旅行番号(例えばNZR8XYのようなを入力すると

f:id:min117:20190913101907p:plain

今回買った航空券(Eチケット)が手配できたかどうかが分かる。Eチケット発行まではかなり時間がかかる(24時間以内)ようなのでしばらく待ってみる。

 

待つこと16時間。やっとEチケットが発行された。出発まで時間がなかったので間に合うか迷ったが、無事発券されたようで、Eチケット番号(eチケットレシート)が表示されている。

f:id:min117:20190914015718p:plain

行きと帰りの2件分のEチケット番号が表示された。

f:id:min117:20190914015843p:plain

去年の台湾旅行のときExpediaで手配したら行きと帰り合わせて1件のEチケットしか出なかったはず。手配のしかた(同一便が、全く違う便か)によってEチケットの発行単位も違うのだろう。

 

とにかくEチケットが手に入ったので、これさえあれば世界中どこの空港でも予約検索してもらえる。

 

さらにGOTOGATEの場合は旅行の情報を「checkmytrip」という管理サイトで管理できるようだ。

https://www.checkmytrip.com/cmtweb/web-landing.html#/login

f:id:min117:20190914020543p:plain

このサイトかなり使いやすい。iPhoneのアプリにも入れてみたけどサクサク動く。

 

GOTOGATEいいね。3月の国線に続き、今回の国線も使いやすかった。

min117.hatenablog.com

また使おう。 

 

 

 

 

ベトナム旅行 海外旅行保険 どのクレカ付帯の保険を使うか比較

ベトナム旅行に持っていくクレジットカード4枚それぞれに付帯する海外旅行保険を比較しておく。

min117.hatenablog.com

 

<想定>

・海外でケガをして病院に行った

・支払いはクレジットカードで全額自分が支払った

・保険会社に保険金を請求したい

 

<各社比較>

・保険金を得るために必要になる書類は何か。

 現地の病院で取得しておくべき書類はあるか。

 現地の警察で取得しておくべき書類はあるか。

 帰国後では取得できない書類はあるのか。

どこに連絡すればいいか

・その連絡(電話)に費用はかかるのか

これらがすぐに分かる場所に明示されているかが、保険を選ぶポイントになる。

 

<重複について>

 気になるのは、万が一事故った場合各社の保険金はダブって支払いされるのだろうか?という点。「他の保険金が支払われた場合は払いません」という明文がない限りは保険会社には支払う義務が生じるはずだ。そこはあとでじっくり読んでおくことにする。

 

dカードGOLD

・ダントツに良い。障害死亡1億円ほか

・保険金をもらうには事故証明書(現地でのみ手配可能)が必須になる

f:id:min117:20190913223210p:plain

 

注意なのは旅行費用(航空券代金)をdカードGOLDで支払っていないと保険金額が下がってしまう点。

f:id:min117:20190913233716p:plain

今回はdカードGOLDで決済したのでこの点は問題ない。

 

d-card.jp

f:id:min117:20190913223016p:plain

 

エポスカード

・GOLDカードではないので保証金額はだいぶ低い(dカードより遥かに劣る)

・サイトがとても分かりやすい。

f:id:min117:20190913231721p:plain

「他に同種の保険が付帯されているカードを保有されている場合の保険金のお支払いについて」とある。

f:id:min117:20190914000112p:plain

こういうところもしっかり明示しているのが好印象。

 

旅行中の連絡先が見やすいところに明記されているのはエポスだけだった。ほんと分かりやすい。センスが良い。

f:id:min117:20190913231858p:plain

と思ったけどベトナムないじゃん…エポスはベトナムにはあまり強くないのかな。

www.eposcard.co.jp

 

楽天カード

・海外旅行専用のページあって好印象。

www.rakuten-card.co.jp

 

・ゴールドカードじゃない一般カードなのに障害死亡補償が2,000万円と手厚いところはエポスより上。

f:id:min117:20190913232552p:plain

・保険の問い合わせ窓口と紛失の窓口は違うみたい。

・コレクトコール(着信者負担)とあるのも良い。

f:id:min117:20190913232248p:plain

 

ANA To Me カード(JCBソラチカカード)

・海外旅行としては最悪のカードのようだ。

・ケガや病気の補償が一切ない。

choro.asia

f:id:min117:20190913233043p:plain

ダメだこりゃ。今回持っていくカードからは外すことにする。

 

Amazon Mastercard GOLD

・ゴールドカードなので流石に手厚い。

・しかし、dカードGOLDには劣るようだ。

最高額が5,000万円しかない(dカードGOLDだと1億円)。

f:id:min117:20190913234202p:plain

f:id:min117:20190913234325p:plain

f:id:min117:20190913234428p:plain

「保険金をお支払いできないケース」がしっかり明記されているのがさすがはAmazonという感じ。

日本の過剰サービス(オモテナシ)転じて不都合なことは隠すという体質とは全く違う。グローバル視点が徹底している。

www.smbc-card.com

 

追記)まとまってるサイトがあった。エポスが高評価みたい。

choro.asia

 

 

 

ベトナム旅行 に持っていくクレジットカードは4枚 + LINE Payカード

海外旅行に行く前は現地に持っていくカードを厳選する。今回はクレカ4枚+LINE Payカード+キャッシュカード1枚という布陣にした。

f:id:min117:20190913222533j:plain
不要なカードは置いていくスキミング被害に遭ったり、もしか遭ったかも心配する必要がなくなる(イギリスでかなりヒヤリとさせられたので)。

min117.hatenablog.com

 

ただ、あまり減らし過ぎるのも怖い。いざお金を下ろそうとしたらキャッシュカードを置いてきてしまった、なんてことになったら目も当てられない。現地の行動を時系列にシミュレーションして、使うカードを想定しておく。

min117.hatenablog.com

 

dカードGOLD(VISA)

・空港のラウンジを使うために携行する。

海外旅行保険dカード付帯のものを使うので持っておいたほうがよさそう

VISAなので海外でほぼ間違いなく使える。

2017年末に契約してもうすぐ2年。思いのほか活躍している。dポイントもあるのでつい使ってしまう。

 

楽天カードJCB

・キャッシングが必要になったときに使う。

・万が一事故(例えば現地で恐喝されてカードを出せと言われる)したときの人質用のカードとして持っていく。楽天ならいつ解約してもいいや、というのがある。

・一度シンガポールでキャッシング利用した実績があり海外利用できることがわかっている。

min117.hatenablog.com

www.rakuten-card.co.jp

・昨年の台湾旅行ではLINE Pay台湾の支払いカードとしてこの楽天カードが使えたので、モバイルと相性が良さそう(なイメージ)がある。

min117.hatenablog.com

 

EPOSカード(JCB

・とにかく海外に強いイメージがある。

JCBも、海外窓口は日本語サポートが充実しているイメージがあり、万が一海外でトラブルった時の駆け込み所として使えそう

・クレカ管理サイトの作りがとても分かりやすい楽天みたいにゴチャゴチャしてなくて、全体に余裕があってイメージがいい。

f:id:min117:20190913224635p:plain

優待も結構いいのがあったりする。

f:id:min117:20190913225535p:plain

今回のベトナムのホテル予約で使ってみる。

 

ANA To Me CARD(JCBソラチカカード)

JCBの20%還元に釣られて契約した。

・12月までにApplePayで5万円使えば1万円がバックされる。

min117.hatenablog.com

今回の旅行で、主に国内で使う消費をこのカードにさせるべく携行する(ApplePayだからカード自体は不要なんだけど)

・キャッシング枠をゼロ円にしてあるので万が一海外で紛失しても怖くない。現地街中でクレカ使うときはこれを出すことにする。

 

LINE Payカード(JCB

JCBクレカとして使えるけど、入金した分しか使えないプリペイド式なので紛失しても怖くない。

・こちらも海外で使うときに被害を最小限に抑えられる。入金額を0に保っておいて、使うときだけ入金すればいいから。

LINE Payは本当にイメージがいい。長らくやっていた2%還元は終わってしまったけど、当面は使うことになると思う。

 

 

 

 

 

ベトナム旅行 直前準備

ベトナム旅行の直前準備。

f:id:min117:20190913082617p:plain

今回は準備期間がほんと少なかったが、過去の旅行のときの記録が効いていて効率よく準備できる。

min117.hatenablog.com

min117.hatenablog.com

min117.hatenablog.com

min117.hatenablog.com

min117.hatenablog.com

 

シミュレーション

 

持ち物

・パスポート

・パスポートのコピー

・ビザ(今回は不要)

・旅程

 紙媒体で印刷

Eチケット番号(旅行番号)

 必ず手書きしておく。暗記。

・空港の略称を暗記

 KIX関空)、SGNサイゴンホーチミン

・保険情報

 紙媒体で印刷

・移動の時刻

・宿の名前

 現地表記も併記する。現地の人に指差して「ここ行きたい」と言えるように。

地球の歩き方(eチケット番号手書きor書類貼り付けしとく)

・SIM(アジアならAmazonであらかじめ買うのもいいかも)

・現地通貨(ドン)に両替するための資料を印刷

・変圧器、現地の電源コンセントに合うクチ、現地電圧は何ボルト?

スマホの事前充電

 iPhone、予備スマホ、予備の大型バッテリー、手持ち薄型バッテリーも

スマホの写真を全部Macに移してカラにしておく

・延長ケーブル

SIMフリールーター充電しておく。

SIMフリールーターSSID、接続パスワードの確認。あらかじめiPhone繋いでおく。

SIMフリールーターの設定画面のログインパスワード

SIMカードケース(SIM抜き金具+セロハンテープも入れておく)

・クレジットカードを厳選(盗まれても影響のないものにする)

・クレジットカードのキャンペーンの事前申し込み(楽天に多い)

・連絡先を手書きで書き込む

・LINE電話を使えるか確認しておく

Macbookを出発前に起動してiCloudと同期を取っておく。

UberまたはGrabをインストールしておく

・家のPCをリモートできる状態にしておく。VNCSSHの外部からの接続確認

・GoogleMapで現地地図の確認

・カバンに鈴をつけられるとベスト(空港の並びでカバンをあけられる被害ありと聞いた)

・海外の空港で写真を撮ると逮捕されるリスク

・ボールペン、ふせん、蛍光ペン、カッター、ホチキス、セロハンテープ、本

・ネカフェの会員カード(国内宿泊用)、TOHO映画カードなど

・現地(ホーチミン)空港のまどり、銀行、SIM販売、トイレの位置

・現地で公衆トイレはあるのか?

・ベドジェットエアーは機内WiFiある?事前にアプリインストールいる?

・あらかじめ現地のSIMの安い会社を調べておく。

・現地でいくら両替するか調べておく。それだけを財布に入れておく。

・財布の中身の最終チェック。最悪盗まれてもいいものしか入れない。ソラで財布の中身を全部言えるか。

・財布を盗まれた時に連絡先のシミュレーション。

・持っていくクレジットカードのそれぞれの暗証番号を思い出しておく(現地でキャッシングになる場合に備える)

・現地ツアーを調べておく。安い事前予約があるかも。

・耳かき、爪切り 意外に大事

・薬 熱帯に行くので目薬が重要な気がする。

・現地の天気 ベトナムは9月は雨季。雨の過ごし方も調べておく。

・傘は現地で調達するか?重い荷物は持って行きたくない。折りたたみ持つか。

・銀行の残高を調べておく。フライト直前に現金を下ろすはず。残高ないと困る。

・現地の宿泊情報は必ず紙媒体に印刷しておく。空港で「どこに泊まるんだ?」を提示させられるケースがある。

・宿の位置をGoogleMapでお気に入りに入れておく(ちなみに中国だとGoogleMap使えないらしい。香港SIMを事前に持っておくと使えるぽいけど)。

・現地に着いたらすぐにスマホのモバイル通信をOFFにすること!ローミングしてしまったらとんでもない金額になる。

 

<シミュレーション>

やることを時系列に脳内想定しておく。これをやるとやらないでは事故やトラブルに遭う確率が全然違ってくる。無駄な動きが減るからお金の動きにも大きく影響する

 

国内・出発空港

航空券(Eチケット13ケタ)

 ・ 紙媒体で。QRコード読める状態にある?サッと出せる?

 

荷物を預ける

 ・ ANAJALは手荷物の重量制限を要チェック(20kgか?もっと少ない?)

 ・ 荷物の札が返ってくるはず(どこにしまう?出すとき困らないように)

 

マイルを貯める

 ・ ANAまたはJALの機械を通してマイルを貯める

 ・ カードはカバンのどこにある?すぐ出せる?

 

国内・到着空港(伊丹ITM)

移動

 ・国際便空港(関空)へ移動。電車?モノレール?

 ・その支払いはSuica?現金?(すぐ取り出せるように)

 

国際・出発空港(関空KIX

ラウンジ

 ・場所は空港内のどこ?出発ロビーから遠い?歩いて何分?

 ・どのGOLDカードを使う?

 

宿泊

 ・関空内で一泊過ごせる場所の確認

 

機内のシミュレーション

 ・本、iPadiPhone充電ケーブル持った?事前にWiFiアプリ入ってる?

 ・食事は出ない前提で軽い食料(お菓子)を持っていく

 

荷物を預ける

 ・荷物の札はどこに入れた?着いてすぐ取り出せる?

 ・格納庫に預けるキャリーケースには大事なものは入れない

 ・パスポートは首に下げて服の中にいれておく

 ・機内に何個持ち込んだ?数で覚える。カバンは1個。目に見える自分の所有物は5個(スマホiPad、本、お菓子、枕)のみ。

 

 

出発

 ・自分が今いる場所から出発ゲートまで歩いて何分?

 ・出発直前にトイレに行っておく。

 

国際・到着空港(ホーチミンSGN)

到着

 ・荷物の受け取り。荷物札はどこ?

 ・空港にいるうちにトイレ。

 ・現金を両替。

 ・Uber(Grab)で手配。

 

宿

 ・荷物が盗まれてもいい前提で、大事なものは全て手持ち。

 

服装

 ・暑い、寒いに対応できるか。台湾の宿はエアコンがとにかくキツかった。

 

 

 

その他調べたサイト 

https://ssanpo.net/2019/01/10/review-reserved-at-trip-com/

ssanpo.net

 

格安航空券でマイル登録

f:id:min117:20190913084126p:plain

 

台風で飛行機が飛ばなかったときを想定。

f:id:min117:20190913082329p:plain

f:id:min117:20190913082343p:plain

f:id:min117:20190913082418p:plain

f:id:min117:20190913082458p:plain

ベトナム旅行 BudgetAirで格安航空券購入 → ApplePay(JCB20%還元)決済を試す → 失敗(なぜかクレカ決済までできない)

ベトナム旅行のフライトを格安航空券サイトBudgetAirで買う。

f:id:min117:20190913151401p:plain

ここではこれまで何度も航空券を買っている。個人的にはとても信頼できると感じている。

 

今回はここで海外旅行チケット、つまり国航空券を買う。

 

決済にJCBのApplePayを使えば20%引きになるキャンペーンをしているから

min117.hatenablog.com 

これを狙って新規にJCBのカードまで作ったのだ(ハピタス還元もしっかり狙う)。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

<結論>

失敗。BudgetAirではApplePayのメニューはあるが決済に失敗する

f:id:min117:20190913144926p:plain

BudgetAirでApplePay決済失敗の図

原因はいろいろ考えられる。

・ApplePayが新しすぎてBudgetAirのシステムが追いついていない?

・使っているクレジットカードが日本のものだから海外のサイト(BudgetAir)では使えないのか?

・海外旅行は値段が高いので、クレジットカード各社が(ポイント付与の負担を嫌って)海外旅行チケットをそもそもオンライン決済の対象外にしているのか?

わからない。3は有り得ないと思うが。

 

いずれにしてもBudgetAirでApplePay決済はうまくいかない(2019/09/13時点)ということはハッキリした。 

 

 

 

<詳細>

まずはいつものように格安航空券比較サイトSkyScannerから旅行を検索する。検索結果「詳細」を片っ端から開けていって、BudgetAirがあるところを探せばOK。

f:id:min117:20190913153313p:plain

今回は 24,028円のグループの中にいた。

f:id:min117:20190913153655p:plain

BudgetAir以外にも安いサイトがあるように見えるが、手荷物代を含めると結局BudgetAirが一番トクになることは比較検証済み

 

ちなみにエアトリや楽天トラベルはひどい安く見えるがここには手荷物代が含まれていないので、これらのサイトで予約すると旅行当日に空港に行ったその場で(片道5,000円以上の)手荷物代が別に発生してしまう。

 

BudgetAir(とGOTOGATE)だけが予約の時点であらかじめ手荷物代(機内持ち込み7kg、預け入れ20kg)まで含んだ金額を提示してくれている。

 

さすが海外サイト。旅行者が「荷物持ってるなんて当然だろう」「だいたいは20kg以内だろう」という想定でサイトを組んでいる。日本の航空券サイトのように「手荷物は別です」なんてセコい商売はしていない。

 

予約に進む。

f:id:min117:20190913142540p:plain

・フライトの行き(出発の)時間に注目する。この2時間前に空港に入るつもりで行動する。

・旅行者情報は今回はFacebook連携して自動入力させた。

 

名前と手荷物を確認する。

f:id:min117:20190913143320p:plain

名前の姓と名を逆にしたらアウトパスポートどおりでないと飛行機には載せないというのが海外のルールだから、名前が逆だったせいで空港まで行ったのに飛行機に乗れないという事態になりえる。

・旅行を確定してから姓名を直すのはほぼ不可能。再度買い直しになる

 

いつもはつけないが今回は「プレミアム」サービスを付加してみる。

f:id:min117:20190913143509p:plain

万が一フライトがキャンセルになって変更する場合に、それだけのためにBudgetAirに7,250円も取られるのはシャクなので。

 

「フライトの遅延に対する補償」は付けないでおく。

f:id:min117:20190913143732p:plain

海外旅行では機内に持ち込む手荷物に全ての重要物を入れるクセを付けているので、万が一格納庫に預けた手荷物が紛失破損したりしても全く気にならないから。海外旅行に(ツアーじゃなく単身で)行く場合には、これくらいの備えはする。

 

最終確認。

f:id:min117:20190913144348p:plain

・行きと帰りの時間を再度確認する。日付が違ってたなんてことにならないようカレンダーと再度見比べる。

・名前の姓名を逆にしていないか?最終チェック。

手荷物機内持ち込みとは別20kg含まれていることをここで確認する。

 

いよいよ決済に進む。

 

ここでApplePay登場。JCBキャンペーンで20%還元になるはず。

min117.hatenablog.com

 

契約条件の同意チェックをつけて

f:id:min117:20190913144511p:plain

「ApplePayで購入」をポチる。

f:id:min117:20190913144603p:plain

 

あれ?

f:id:min117:20190913144729p:plain

どのカードも「このWebサイトでは使用できません」となる。そんなバカな。

 

何度試してもダメ。パソコンじゃなくてスマホで試してみてもダメだった

f:id:min117:20190913155909j:plain

なんたること。20%を狙ってANA To Me CARDO PASMO JCBカードまで契約したのに。まあいいや。20%還元はまた別の買い物にとっておこう。

 

 

気をとりなおしクレジットカードで決済することにする。

 

旅行が数日後に迫っているので今日中に購入しないとフライトできない。もっと早く手配すればよかったが。今回は早めの準備ができなかったのが反省。20%還元を欲張ってJCBカード発送を待ってしまったのも影響した。

 

焦りはあるが。こういうときこそ冷静にやる。

 

dCARD GOLD(VISA)で決済することにする。

f:id:min117:20190913161505p:plain

 

「支払い&予約」を実行。

f:id:min117:20190913155538p:plain

 

3Dセキュアが走る。が、パスワードを忘れてしまった。 

f:id:min117:20190913145912p:plain

海外サイトの場合はこれが出るのか?全く3Dセキュアなんてのは不便でしょうがない契約時の資料をひっくり返してコレと思われるパスワードを入力して進める。

 

しかしcomponents.checkoutSummary.paymentResponseStatusCode.description-1.01」エラーになってしまう

f:id:min117:20190913145948p:plain

さすがに焦り始める。

 

もう一度最初から。「ひと呼吸してやり直せ」。

f:id:min117:20190913160915p:plain

焦っているときは唱えるようにしている。

 

が。無常。またエラーになった。しかもメッセージが変わっている。

f:id:min117:20190913150219p:plain

支払いが拒否されました」だと。カチンとくる。なんでよ。

 

もう一度呼吸して考えてみよう。可能性としてあるのは

3Dセキュアでパスワードを間違った?

・dCARD GOLDだから(ドコモVISAは世界には通用しない日本だけのガラパゴスVISAなのでは?)

 

ならMasterCardで試してみる。

f:id:min117:20190913150140p:plain

こちらは世界のAmazon Mastercard GOLDだから。ドコモなんかとはワケが違う。海外サイトだからコケるなんてことはないだろう。

 

リボさえ気をつければこれ以上のカードはない。

min117.hatenablog.com

 

「支払い&予約」を実行。

f:id:min117:20190913155538p:plain

 

やはり3Dセキュアが走る。

f:id:min117:20190913150032p:plain

うざいがやむを得ない。入力して進める。

 

なんと。世界のAmazon GOLDですら「支払いが拒否されました」

f:id:min117:20190913150219p:plain

そんなアホな。

 

それならばつい先日契約して一回も使っていないJCBを使ってみる。 

min117.hatenablog.com

 

JCBは手数料が550円かかってしまうがやむを得まい。

f:id:min117:20190913150340p:plain

今日チケットを取らないとフライトできなくなってしまう。やはり焦りはある。

 

三度目の3Dセキュア。これはさすがについ先日契約したばかりだから間違いないパスワードを覚えている。それを入力。

f:id:min117:20190913164058p:plain


無常。ダメでした。

f:id:min117:20190913150219p:plain

なぜだ。

 

もしやブラウザのキャッシュが残っているからか?

 

ならブラウザの「プライベートウィンドウ」ないし「シークレットモード(キャッシュもcookieも無効になる)で再度試す。

f:id:min117:20190913162601p:plain

また最初からだ。たぶん8回目くらい。8号機だ。

「ヒトマルハチからやり直せ

f:id:min117:20190913160915p:plain

 

 

ダメ。8号機も拒否されてしまった。

f:id:min117:20190913150841p:plain

こうなるとクレジットカードのせいではなさそうな気がする。たぶん何かしらのセキュリティ機構が働いている気がする。ApplePayで失敗したことが関係したかもしれない。

 

以前GOTOGATEで決済失敗したのもこれと似たような現象だったのかもしれない。

min117.hatenablog.com

こうなれば、BudgetAirでの予約自体を諦めるしかない。GOTOGATEを使ってやってみることにする。

f:id:min117:20190913163053p:plain

次回に続く。

min117.hatenablog.com

 

参考)

min117.hatenablog.com
no-genkin.com

 

f:id:min117:20190913091851p:plain

macOS Mojave ネットカフェWindows10からMacに接続して作業する

旅行先のネットカフェから自宅にSSHVNCで入って作業する。

f:id:min117:20190908080132p:plain

 

某CLUBのPCは再起動によって全てのデータが消されるので安心して作業できる(某presioも同じだろうけど)。

 

TeraTermのインストール

f:id:min117:20190908073602p:plain

 

TeraTermインストール後にキー設定ファイルを変更しないとファンクションキーが利かない。

 

コマンドプロンプトからやるとこんな感じ。

cmd> cd C:\Program Files (x86)\teraterm

cmd> copy KEYBOARD.CNF KEYBOARD.CNF_

cmd> copy FUNCTION.CNF KEYBOARD.CNF

 

先日セットアップの完了した自宅 fedora 30 にSSHで繋ぐ

f:id:min117:20190908074106p:plain

バッチリ作業できる。なぜかCtrl+l(画面のクリア)だけ効かないが、clearコマンドで代用できる。

 

 

 

vnc viewerもインストール。

f:id:min117:20190908073630p:plain

 

Viewer機能だけあれば十分なのでUltraVNCでなくていい。

C:\Program Files\RealVNC\VNC Viewer\ にインストールされる。

f:id:min117:20190908074725p:plain

 

 

自宅のMacに繋ぐ。

f:id:min117:20190908080425p:plain



通信経路の暗号化は別記事で。

f:id:min117:20190908075045p:plain

当然だけど接続ポートはVNC標準から変更してある。ただしIPv6なので使えるポートは限定される。

http://min117.hatenablog.com/entry/2018/07/22/122526

http://min117.hatenablog.com/entry/2019/08/09/220310

 

接続完了。

f:id:min117:20190908080904p:plain

まるで自宅。

f:id:min117:20190908075939p:plain

速い回線さえあれば作業場所を選ばない。Linuxに連なる技術。最高すぎ。