読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

min117の日記

初期desireもち。趣味Mac,メインFedora,仕事xp。

RaspberryPi 3 にUSBの外付けHDD(NTFSフォーマット)を接続する

bash Linux RaspberryPi 容量不足

RaspberryPi 3 に USB接続の外付けHDD(NTFSフォーマット)を繋げて認識させる。

まずはHDDをUSBで RaspberryPi3 につなぐ。

作業は sudo -s して進めることにする。

# sudo -s

まずは sudo fdisk -l して、認識しているデバイスを調べる。

# sudo fdisk -l

f:id:min117:20170221125051p:plain

/dev/sdb1 として認識された。

f:id:min117:20170221125052p:plain

次は、HDDを一意に識別するためのID(UUID)を調べる。blkidコマンドを使う。

# sudo blkid /dev/sdb1

f:id:min117:20170221125053p:plain

UUIDがわかったので、これを /etc/fstab に記述する。

# sudo vim /etc/fstab

f:id:min117:20170221130028p:plain

/volumes/USB320G というフォルダにマウントすることにする。

f:id:min117:20170221130121p:plain

記述後、sudo mount -a して認識させる。

# sudo mount -a 

エラーになった。「ntfs-3g」なんていうフォーマットは認識できないというエラー。

f:id:min117:20170221125048p:plain

RaspberryPiがNTFSを解釈できるように ntfs-3g をインストールする。

# sudo apt-get -y install ntfs-3g

f:id:min117:20170221125820p:plain

インストール後は再起動。

f:id:min117:20170221125050p:plain

再起動後、認識されたかどうかを df で確認。

$ df

f:id:min117:20170221130407p:plain

ーーー

このへん参照にした。

assimane.blog.so-net.ne.jp

アメリカ旅行 AppleWatchの使い勝手レポート(Apple本社 + GoolePlex)

AppleWatch

アメリカ旅行。以前に買ったAppleWatchをつけてサンフランシスコの街を歩きまくったので、使い勝手をレポートしておく。

AppleWatchはこれ。

min117.hatenablog.com

今回はこれをつけてシリコンバレーを歩いた。

f:id:min117:20170216085957p:plain f:id:min117:20170216084946p:plain

まずは歩行の管理。1日で歩いた合計距離は13.68Km。ふだんの倍くらいだが、シリコンバレーは色々見るところがありすぎて、全く疲れを感じない。

Googleプレックス

f:id:min117:20170216085355j:plain

f:id:min117:20170216085321j:plain

Apple本社

f:id:min117:20170216085546j:plain

f:id:min117:20170216085642j:plain

f:id:min117:20170216085610j:plain

Computer History Museum(コンピュータ科学博物館)

f:id:min117:20170216085511j:plain 

 

アメリカ旅行 海外で日本のテレビを見る(インターネット経由)

英語/English 旅行/Trip テレビ bash Linux PT3

アメリカ旅行。国外でも無料でWiFiが使えたので、海外で(ネット経由で)日本国内のテレビを見られるか試してみた。

ーーー

結論

 バッチリ見れる。

(空港)

 韓国・仁川(インチョン)国際空港にて。 ニュース映像を受信してみた。ネットの速度は4Mbpsくらい。少しカクカクするが、国内からの映像をそのまま映し出せる。

f:id:min117:20170216080049j:plain

やはり、インターネット技術に国境はないようだ(当たり前か)。中国みたいに検閲が入ったり、何らかの制限があるかと思ったが、そもそもそれだとネットじゃない。

 

Win+R キー → cmd とコマンドプロンプトを立ち上げて、コマンドも叩いてみる。韓国語は全くわからないが、操作は全て分かる。技術にも国境はない

f:id:min117:20170216080315j:plain

キーボードも韓国語で、キー配列が違う。こうしてみると、日本のキーボードがいかに特殊かよく分かる。例えば@(アットマーク)の位置

・アメリカ、韓国 → Shift + 数字の2

・日本 → Shift + 「P」キーの右隣。

f:id:min117:20170216080514j:plain

(ホテル)

 サンフランシスコのホテルにて。通常の番組を受信してみた。こちらも速度は4Mbpsくらいだが、他に使っている人がほとんどいないのか、途切れることもなく快適に見ることができた。

f:id:min117:20170216080001j:plain

技術

(配信)

 国内のPT3サーバ(recpt1 http版で配信)。今では高くなってしまった PT3 の2枚挿し(まだ1万円くらいで買えているときにもう数枚買っておけばよかった…)。

$ ps aux | grep recpt1

f:id:min117:20170216081321p:plain

(受信)

 MacbookAirのVLCにて。VLCメニュー → ネットワークを開く(command + n) → 配信サーバのアドレスを入れる。

f:id:min117:20170216081617p:plain

環境を作ったのはかなり前だけど、海外に行ってみて改めて便利さを感じた。海外旅行先でも日本のコンテンツに触れられるのは(治安の意味も含めて)助かる。

min117.hatenablog.com

 

Softbank 9年前(2008年)の二つ折りケータイのカタログ

SoftBank

写真の整理をしていたら、古い写真が出て来た。2008年前後のソフトバンクの二つ折りケータイのカタログ。

2008年当時

・「ガラケー」なんて言葉自体がなかった。

・回線も3Gのみで、LTEは規格すらない状態。

・テレビもまだハイビジョンではない(2011年にハイビジョンになった)

ワンセグはあった(搭載機種もあり)

懐かしいので記事にしておく(920shの画面が回る仕様が懐かしい)。

 

812shs

f:id:min117:20170216070626j:plain f:id:min117:20170216070629j:plain

f:id:min117:20170216070632j:plain f:id:min117:20170216070635j:plain

f:id:min117:20170216070639j:plain f:id:min117:20170216070642j:plain

820sc

f:id:min117:20170216070739j:plain f:id:min117:20170216070742j:plain

f:id:min117:20170216070746j:plain f:id:min117:20170216070749j:plain

f:id:min117:20170216070753j:plainf:id:min117:20170216070756j:plain

823sh

f:id:min117:20170216070907j:plain f:id:min117:20170216070911j:plain

f:id:min117:20170216070914j:plain f:id:min117:20170216070917j:plain

f:id:min117:20170216070920j:plain f:id:min117:20170216070924j:plain

f:id:min117:20170216070928j:plain f:id:min117:20170216070931j:plain

902sc

f:id:min117:20170216070941j:plain f:id:min117:20170216070945j:plain

f:id:min117:20170216070948j:plain f:id:min117:20170216070951j:plain

f:id:min117:20170216070955j:plain f:id:min117:20170216070959j:plain

f:id:min117:20170216071002j:plain f:id:min117:20170216071006j:plain

920sh

f:id:min117:20170216071028j:plain f:id:min117:20170216071030j:plain

f:id:min117:20170216071033j:plain f:id:min117:20170216071037j:plain

f:id:min117:20170216071041j:plain f:id:min117:20170216071045j:plain

f:id:min117:20170216071048j:plain f:id:min117:20170216071052j:plain

921sh

f:id:min117:20170216071106j:plain f:id:min117:20170216071109j:plain

f:id:min117:20170216071112j:plain f:id:min117:20170216071115j:plain

f:id:min117:20170216071119j:plain f:id:min117:20170216071122j:plain

f:id:min117:20170216071125j:plain f:id:min117:20170216071128j:plain

922sh

f:id:min117:20170216071141j:plain f:id:min117:20170216071145j:plain

f:id:min117:20170216071148j:plain f:id:min117:20170216071151j:plain

f:id:min117:20170216071155j:plain f:id:min117:20170216071158j:plain

f:id:min117:20170216071202j:plain f:id:min117:20170216071206j:plain

x02ht

f:id:min117:20170216071217j:plain f:id:min117:20170216071220j:plain

f:id:min117:20170216071224j:plain f:id:min117:20170216071227j:plain

アメリカ旅行 Expediaから「カスタマーサービスのアンケートのお願い」が来たので回答する

旅行/Trip

アメリカ旅行。最高に楽しく終えられた。Expediaなかなか良い。と思っていたら、Expediaから「カスタマーに対するアンケートのお願い」メールが送られて来た。

f:id:min117:20170216064756p:plain

気分が良いので回答する。

ーーー

こういうアンケートをしっかりとる会社は信頼できる(と個人的に思っている)。以前(国内の)ソフトウェア企業でサポート部門にいたことがあるが、そこでも業務改善の一環としてアンケートを実施していた。顧客の声を継続的に取り入れて、客観的な数値の推移でサービス改善を検討できるから、良い方向に向かう。

ーーー

日本の企業には、客観的に自分を見る文化がない。

・会議が無駄に多い。

・事前にレジュメも議案も無いまま会議をしようとする。

・客観的な数値に基づかないで、ただ話し合う。

・顧客からの意見を客観的に集める仕組みがない。

アンケートなど、まともにやる企業がほとんど見ない(とくに中小企業は皆無と思う)。その点Expediaは「サポートを受けた直後に」こういうアンケートがくる仕組み自体があるわけで、信頼がおける。旅行案内サイトは競争が激しいからなのか、全世界をまたぐ業界だから当然にそういう企業文化になるのか。日本にはない「自省の」シビアさを感じる。

ーーー

とはいえ、日本にこのアンケートだけを持って来てもよくなるとは思えない。「やり方を分からない経営者が、形だけ現場にやらせ」るのは目に見えている。過労死させかねないし。

ーーー

以下は今回のアンケートの画面。これで成績がつくのだから、厳しい世界だ。

f:id:min117:20170216065434p:plain

f:id:min117:20170216065437p:plain

f:id:min117:20170216065441p:plain

f:id:min117:20170216065444p:plain

f:id:min117:20170216065447p:plain

f:id:min117:20170216065450p:plain

f:id:min117:20170216065454p:plain

f:id:min117:20170216065457p:plain

f:id:min117:20170216065500p:plain

f:id:min117:20170216065506p:plain

f:id:min117:20170216065511p:plain

f:id:min117:20170216065516p:plain

f:id:min117:20170216065519p:plain

f:id:min117:20170216065523p:plain

f:id:min117:20170216065527p:plain

f:id:min117:20170216065535p:plain

アメリカ旅行 旅のデジタル環境メモ(無線LAN/WiFi、LINE、電源、USB充電)

英語/English 旅行/Trip 無線LAN/Wifi 治安/Safety

海外旅行(アメリカ・サンフランシスコ)に行く前に気になっていたデジタル環境について、旅行中に気づいた点をまとめておく。

ーーー

概要

 ・旅行先はアメリカ、サンフランシスコ

 ・成田空港 → 仁川国際空港(韓国)→ サンフランシスコ国際空港 で移動

 ・Expediaで予約。最初は色々心配だったが、終わってみると最良の選択だった。ツアーじゃないから安いし、最低限(航空券の手配)だけをやって、あとの行き先も全部自分で決められるのがよかった。

www.expedia.co.jp

 ・旅行準備は「地球の歩き方」くらい。これは助かった。持っとくべきと思う。情報は大事だった。正しくない情報(直感)で動くと、海外では命に関わることもある。

ーーー

行く前の疑問

無線LAN

 現地にWiFi環境はあるのか?無料か?モバイルルータ持ってく必要あるか?

連絡手段

 LINEは使えるのか?無料か?

③ 電源

 電圧は何ボルトなのか?変圧器は必要なのか?USB充電はどうか?形状は?

ーーー

結論

無線LAN

 WiFi環境

  現地にある。無料。海外用のWiFiルータは要らない。空港で海外用ルータを(1日1,500円とかで)貸し出ししているけど、数日旅行するだけなら、借りなくても事足りると思う。

 (空港)

  無料のWiFiが完備されている。途中で経由した韓国(仁川国際空港)、到着地のサンフランシスコ国際空港、どちらも完備されていた。

 (ホテル)

  ツアーでいくような高いホテル(ヒルトンとか)だとWiFi使うのまで有料らしい。日本人はいいカモにされてるのかもしれない。今回はツアーではなく、航空券だけ取ってあとは自力の旅行だったので、ホテルも5,000円程度の安いところだった。

f:id:min117:20170215233339j:plain 

そういう安ホテルだと、無線LANはまずほとんど無料だろうと思う。今回のホテルも、チェックインの段階で無線LANSSIDとパスワードを書いた紙をくれた。

f:id:min117:20170215233632p:plain

 (街の中)

  スターバックス(サンフランシスコのそこらじゅうにある)の無料WiFiが使える。そのほかにも、GAPとか、大型の店のそばにいけば大抵はある。

f:id:min117:20170216074916j:plain f:id:min117:20170216003915j:plain

スタバ以外のチェーンの喫茶店だと Philz Coffee が便利だった(サンフランシスコ街中だけでなく、バークレーにもあったり)。あとは xfinitywifi というSSIDはよく拾った(が、繋がりにくい)。

f:id:min117:20170215233211p:plain f:id:min117:20170215233849p:plain

当日は雨で、悪天候の中 WiFi を探す羽目になったが、それほど苦も無く見つかった。

f:id:min117:20170216001519j:plain f:id:min117:20170216001628j:plain

公共交通機関(VTAというバス)のバス停周辺でも、VTAの無線WiFiが使える(ただし、ユーザ登録は必要)。

f:id:min117:20170216001409j:plain

スタバに限らず、そこいらの喫茶店に入れば、無線WiFiは困らない。

f:id:min117:20170216002052j:plain

 連絡手段

 LINEは使えるのか? → 使える。もちろん無料。WiFiあれば。ネット技術(TCP/IP)なんだから、当たり前と言えば当たり前なんだけど、昔まだ学生の頃には、海外と連絡をとる(例えば電話を使う)なんてことになると、とんでもない金額がかかったものだ。それが今や、LINEなりのIP電話で世界中どこでも無料で電話できるんだから凄いことだと思う。

電源

 電圧は150ボルトだった(と思う)。変圧器は要らない。iPhoneiPadの充電器は 100V(Vはボルト)から240V まで対応しているので、そのままサンフランシスコで使える。

f:id:min117:20170216000049p:plain f:id:min117:20170216000134p:plain

(左はiPhoneの、右はiPadの充電器)

電源のクチも、サンフランシスコは日本と同じ形なので、コンセントにそのまま挿すことができた。

f:id:min117:20170216000423j:plain f:id:min117:20170216084120j:plain

電圧が強いせいか、充電がかなり早いように感じた(気のせいかもしれないが)。

f:id:min117:20170216000447j:plain

ちなみに、飛行機では、USBで充電できるようになっていた(航空会社によるかもしれないが)。こちらも普段日本でしているのと同様に充電できた。ただし、iPadは充電できなかった(電圧が足りないのかも)。

f:id:min117:20170216000337p:plain f:id:min117:20170216084507j:plain 

さらに、仁川(インチョン)国際空港では、USBで充電できるタワーがある。譲り合いで使うので、英語でのやりとりは必要になるが、いろんな国の人と話せて楽しい。身振り手振りでも十分なんとかなる内容だし。

f:id:min117:20170216002542p:plain f:id:min117:20170216002731p:plain

仁川国際空港は、充電はこのとおり完備してる上に、国際線の乗り継ぎ客には専用に無料のシャワーを貸してくれる。快適で、大きな局面ディスプレイの展示もあり、韓国の国際空港は成田よりずっとすごかった。日本みたいに(充電とかシャワーとかの、くだらないところでの)費用がかからないし、とにかく快適な空港だった。

f:id:min117:20170216003506j:plain f:id:min117:20170216003532j:plain

 なお、充電とは全然関係ないが、冒頭の「地球の歩き方」本によると、ホテルのチップは金額を明示してそれと分かるように置くのが正しいらしい。安ホテルだったが、無線WiFiは快適だし、気持ちよい旅だったので、お礼の文章をつけて金ピカの2ドルを毎晩置くようにした

f:id:min117:20170216000720j:plain 

そしたらメイドさんがお礼の文章を書いてくれてあった。部屋もめっちゃ良い香りのフレグランスを撒いてくれてあり、安いホテルなのに最高の部屋になっていた。良い旅になった。

f:id:min117:20170216000909j:plain

 

fedora 3TBの内蔵3.5インチHDDをNTFSでフォーマットする

Linux bash 容量不足

アメリカ旅行の帰りに秋葉原に寄った。3TBが安売りしている。税込み7,700円。ちょうど母艦fedoraの内蔵HDDが足りなかったので買った(Amazonよりさらに安い)。ふぉ

f:id:min117:20170214214115p:plain 

これを Linuxfedora)からコマンドでフォーマットする。

・フォーマット形式:NTFS

パーティション:1つだけ

データ用の3TBのHDDとして使えればそれでいい。

ーーー

HDD取り付けは完了。コマンドでパーティション切ってフォーマットしていく。

sudo して作業する。

f:id:min117:20170214210803p:plain

# fdisk -l | grep "Disk /dev"

f:id:min117:20170214210606p:plain

2.7TBのもの(製品箱は3.0TB)は2つある。/dev/sdb /dev/sdd のどちらか。

ーーー

/dev/sdb1 のUUIDを blkid コマンドで調べてみる。

# blkid /dev/sdb1

f:id:min117:20170214210719p:plain

# cat /etc/fstab | grep UUID

f:id:min117:20170214210658p:plainfdtabに記載があって既に使われている(UUIDが登録されている)HDDは /dev/sdb なので、今回新たに取り付けたHDDは /dev/sdd と分かる。

ーーー

fdisk コマンドを使って初期化していく。

# sudo fdisk /dev/sdd

f:id:min117:20170214210501p:plain

parted を起動し、mkpartコマンドを使ってパーティションを切る。

# sudo parted -l | grep dev

# sudo parted /dev/sdd

(parted) mkpart

開始?:0%

終了?:100%

…それでもかまいませんか?:Y

…パフォーマンスが出ません:I

f:id:min117:20170214211014p:plain

明らかにおかしい。3TBあるはずなのに、2199GBしか認識されていない。パーティションテーブルがmsdosだからか。

ーーー

パーティションテーブルを gpt にする。

(parted) mklabel gpt

f:id:min117:20170214210341p:plain

(parted) p

 または

(parted) print

f:id:min117:20170214212858p:plain

正しくなった。パーティションテーブルが gpt になり、容量も 3001GB で認識されている。q(uit) コマンドでpartedを抜ける

(parted) q

ーーー

# fdisk -l | grep dev

# sudo blkid /dev/sdd1

# sudo blkid /dev/sdb1

# df

f:id:min117:20170214213038p:plain

# mkfs -h

# fdisk -l | grep dev

# mkfs -t ntfs /dev/sdd

f:id:min117:20170214210005p:plain

フォーマットにはものすごい時間がかかる。1晩かかった。

f:id:min117:20170215055047p:plain

フォーマットが終わるとUUIDが振られる(?)らしい。blkid コマンドでUUIDを確認する。

# sudo blkid /dev/sdd1

f:id:min117:20170215055901p:plain

しっかりとUUIDが振られていた。あとはこれを /etc/fstab に記載してマウントする。

# sudo vim /etc/fstab

f:id:min117:20170215060335p:plain

/media/3TB としてマウントする例

f:id:min117:20170215063618p:plain

fstab を編集し終えたらマウントする。

# sudo mount -a

# mkdir /media/3TB

f:id:min117:20170215064103p:plain

マウント先フォルダにアクセス権限があると、あとでファイル共有(samba)したときに書き込めないとか面倒がありそうなので、chmod 777 しておく。

# chmod 777 /media/3TB

# mount -a

f:id:min117:20170215064230p:plain

マウントされたか確認。

# df -h

f:id:min117:20170215063712p:plain

しっかりと認識されている。「Unable to find suitable address」とあるのが気になるがあとで調べる。

ーーー

ネットワーク上で共有するために samba を設定する。

# sudo vim /etc/samba/smb.conf

f:id:min117:20170215065013p:plain

3TB という名前で共有する例

f:id:min117:20170215065002p:plain

# sudo systemctl restart smb.service

f:id:min117:20170215065222p:plain

同じネットワーク上にいる Windows10 から共有フォルダが見えるか確認。

¥¥fedoraサーバ名¥3TB 

f:id:min117:20170215065651p:plain

よし。

ーーー

次は、httpdで公開して外出先からもアクセスできるようにする。

# vim /etc/httpd/conf/httpd.conf

f:id:min117:20170215075558p:plain

3TB という名前でアクセスできるようにする。

f:id:min117:20170215075638p:plain

# sudo systemctl restart httpd.service

f:id:min117:20170215075802p:plain

ブラウザからアクセスしてみる。

f:id:min117:20170215080109p:plain

よし。

ーーー