min117の日記

初期desireもち。趣味Mac,メインFedora,仕事xp。

CDN障害(Fastly社)により楽天やAmazonに接続しづらくなった件メモ

f:id:min117:20210609064638p:plain

 

2021/6/8(火)CDNサービス提供会社Fastlyの障害により、楽天Amazon、メルカリ等が一時使いづらくなった件。

f:id:min117:20210609063544p:plain

各紙が大々的に報じている。

 

いや、CDNの障害なんて一般の人間には意味がわからないだろうし、ここまで大袈裟に騒いでも意味ない。コロナ禍で開催するオリンピックに触れないための目くらまし記事だろう。忖度極まる。

e-words.jp

 

日経。記事がアホすぎる。

f:id:min117:20210609062415p:plain

「バックアップとリスク分散の仕組みは必須となる」とか言っちゃってるけど、CDN自体が「バックアップとリスク分散のための仕組み」そのものだっての。

 

日経って全てにおいて記事が薄っぺらい。内容が全く分かってないのにそれっぽく書いてるだけで読むに値せず。

 

で、CDNと言えばAkamai。今回障害を起こしたFastlyと比較してるサイトがあった。

https://www.cdnplanet.com/compare/akamai/fastly/

f:id:min117:20210609063814p:plain

 

サービスはAkamaiが圧勝っぽい。

f:id:min117:20210609063902p:plain

今回どのへんに障害があったかは分からないけど、ユーザーエンド(Edge)だと言ってるから、おそらく最下段の「Edge Compute」だろうと思う。

 

503エラーで疑わしいのはDNSだけど、FastlyはDNSは提供してない(赤いバツが付いてる)みたいだし。

 

Bloomberg

www.bloomberg.co.jp

f:id:min117:20210609061857p:plain

 

単なる設定ミスだろうとは思うけど、原因は興味あるので引き続き調べる。

 

 

 

 

レンタルサーバXREAのwordpressサイトをhttps化(SSL対応)できないときの確認事項

f:id:min117:20210531001835p:plain

 

レンタルサーバXREAで作ったwordpressサイトのhttps化SSL対応)がなかなかうまくいかなくて困った

 

証明書に問題があるのか?DNSのせい?フォルダ構成?はたまたDBか?リダイレクトの問題か?といろいろあって、解消するまでにやたら手間取った。

 

現象はこのサイトと同じ。

damema.net

f:id:min117:20210530233405p:plain

 

最終的にhttps化成功に至ったので、忘れないうちに設定をメモ。同じ状態で困っている人は役に立つかも。

 

https化に成功したwordpress

<サイトの情報>

 サイトURL:https://www.hoge.shop/crypto/

 ドメイン名:www.hoge.shop/crypto/(wwwをつけない場合もサイトURL↑にリダイレクトされる)

 

XREAのサーバにあるwordpressコンテンツの

 rootパス:/virtual/hoge/public_html/crypto

 

だと仮定して話を進める。

 

<設定内容>

①旧コントロールパネルにて

NoDir チェックボックスをONにした。

f:id:min117:20210531004459p:plain

今回はこの「NoDir」設定が効いたらしい。https化がうまくいかない人は(騙されたと思って)一回試してみるといいと思う。

 

この「NoDir」が何をしているかというと、今回の例で言えば

 rootパス:/virtual/hoge/public_html/crypto/wp-content/index.php

にあるコンテンツは、

 サイトURL:https://www.hoge.shop/crypto/wp-content/index.php

でアクセスできるワケだけど、これを

 サイトURL:https://www.hoge.shop/wp-content/index.php

としても(crypto無しでも)アクセスできるようにするための設定だ。

 

httpsSSL化)をうまく動作させるにはこの「NoDir」設定が有効みたい。

 

②新コントロールパネルにて

①が済んでいれば「Mainと同期」と出るはず。

・無料SSLをONにした。

wwwあり版無し版の2つのサイトを用意してどちらも無料SSLをONにした。

 

 f:id:min117:20210530234605p:plain

・リダイレクトは設定なし。

・Main は SSL化できない(という仕様らしい)。末尾のリンク参照。

 

③DB設定にて

siteurlにはwwwあり版のhttpsを書いた。

 f:id:min117:20210531000222p:plain

作業はsshで接続でサクッと済ませた。できない人は何らかのDBツールを使うことになるのだろう(XREAが用意しているtoolか何かあるんじゃなかろうか)

 

DB作業メモ

 $ ssh hoge@hoge.a001.xrea.com

 $ mysql -u hoge -p

 mysql> show databases;

 mysql> use hoge;

 mysql> show tables;

 mysql> select * from wp_options where option_name LIKE '%siteurl%';

 mysql> UPDATE wp_options SET option_value = 'https://www.hoge.shop/crypto' WHERE option_name LIKE '%siteurl%';

 mysql> select * from wp_options where option_name LIKE '%siteurl%';

 f:id:min117:20210531001158p:plain


④wp-config.phpにて(XREASSH接続して作業)

・wp-config.php  に $_SERVER['HTTPS'] = 'on'; を書いた。

 f:id:min117:20210531003205p:plain

 f:id:min117:20210530234111p:plain

 

ちなみにSSL化がうまくいったあとのwordpressのURL設定はこうなる。

 f:id:min117:20210531070038p:plain

 

XREAの旧コントロールパネル画面にて

証明書状態

 f:id:min117:20210531003537p:plain

 f:id:min117:20210531003954p:plain



その他参考

f:id:min117:20210531060627p:plaingizmoworks-blog.com

 

f:id:min117:20210531061444p:plain

blog.withachristianwife.com

 

 

f:id:min117:20210531061558p:plain

mimikakimemo.hatenablog.jp

 

f:id:min117:20210531061659p:plain

www.users-net.com

 

f:id:min117:20210531063454p:plain

ja.wordpress.org

 

f:id:min117:20210531063956p:plain

wp-doctor.jp


 

 

 

 

 

気にいった動画メモ 「超複雑時計の世界 ~スイス・独立時計師たちの小宇宙~」

「なんて言うのかな、人はみんな、この世に存在する意味があると思う」

f:id:min117:20210530112124p:plain

 

「誰もが使命をもっている」

f:id:min117:20210530112153p:plain

 

f:id:min117:20210530112224p:plain

 

f:id:min117:20210530112259p:plain

 

独立時計師たちの小宇宙~

f:id:min117:20210530112027p:plain

 

f:id:min117:20210530112732p:plain

 

 


www.youtube.com

 

 

fedora30 SSHの接続に異常に時間がかかるときは /etc/ssh/sshd_config で USEPAM = no にする

f:id:min117:20210530083153p:plain

 

fedora30へのssh接続が異常に時間がかかるようになってしまった。

これで解消したのでメモ(たぶんCentOSでも同じ方法で治る)。

 

$ sudo -s

# cd /etc/ssh/

# vim /etc/ssh/sshd_config

 

変更前: UsePAM = yes

変更後: UsePAM = no

 

f:id:min117:20210530082716p:plain

 

serverfault.com

f:id:min117:20210530082319p:plain

 

 

同じ現象か調べるには、SSH接続時に -v オプションをつけてみる。

 

コンソールに

“pledge: network”

と出たところでしばらく待たされるようなら、コレ。

 

 

$ ssh -v username@server.com

 

f:id:min117:20210530082405p:plain

 

 

 

 

労働に支えられた身体は美しい

見応えのある動画だった。

 

【中英字幕】中国貧困地区・大涼山ー日本人監督が見た現代中国の“多様性”【ドキュメンタリー】

#竹内亮

www.youtube.com

 

 

youtubeは功罪あるが、こういう発見があるから素晴らしい(吉本に汚れたAmazonとは大違い)。

 

崖の村に住む極貧の人々のルポ。

f:id:min117:20210529072741p:plain

 

遥か90度の傾斜を超えて辿り着くその村に

f:id:min117:20210529072631p:plain

 

毎日行ったり来たりする村人

f:id:min117:20210529072848p:plain

 

身体がこれ

 

見よこの血管

f:id:min117:20210529072517p:plain

腕の裏側までピッチピチ。美しい。

 

割れた背筋

f:id:min117:20210529073159p:plain

無駄な皮下脂肪は一切ない。ホエイで作られたニセ筋肉とは大違い。

 

脚にまで血管。

f:id:min117:20210529073419p:plain

 

遠い目。

f:id:min117:20210529073440p:plain

健康な身体は美しい。歳を重ねても。

 

単なるTシャツなのに何でこんなカッコいいんだ。

 

コロナでみんなデブってきてるからな。できるだけ良いものを見て、そっちに近づけるようにしよう。

 

min117.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

楽天UN-LIMITキャンペーンで獲得した37,525円分の楽天ポイントで買ったもの(その1)

昨年2020年9月から今年2021年2月にかけて楽天UN-LIMITを3回線契約した。

 

回線契約はかなりの財産なので、回線を提供するキャリア(今回は楽天大きいキャンペーンを貼ってポイントバックしてくる

 

契約にあたって獲得予定だったポイント31,700pt

min117.hatenablog.com

 

ところが(嬉しい誤算で)これに紹介ポイントがさらに付いた。

min117.hatenablog.com

 

その総額はなんと37,525ポイント

f:id:min117:20210520003152p:plain

3回線契約して、そのすべてが1年間利用料タダで、しかもポイントバックが37,525円。楽天さん大丈夫かし(でもありがとう)。

 

とはいえこのポイントは期間限定の楽天ポイントなので、もうまもなく(2021/5/29土)に大半が消え去ってしまう。その前に使い切ってしまわないと。

 

で。

何に使うか迷った。

 

最初に考えたのは楽天Payでの利用

 

期間限定楽天ポイントであっても楽天Payでの支払いに使えるので

 → ビックカメラ楽天PayでiPad mini 5(約5万円)を買う

 → ドンキホーテ楽天Payで中古のiPadもしくはiPhone買う

どちらかが良さそうに思えた。

 

しかし、正直iPad mini 5 は今ほしくない。以前オトクにゲットしたiPad mini 4 で十分に満足してしまっているから。

min117.hatenablog.com

 

しかも秋には iPad mini 6 が発売される噂もあるし。

f:id:min117:20210520004149p:plain

gori.me

ので、今iPad mini 5 を買うのは何か違う気がする。購入は見送ることにした

 

ドンキホーテの中古スマホも考えたけど、あの店にあるのは(ヤンキーDQNが使っていた)状態の悪い製品ばっかだろうから、これもパス。ただしドンキの支払いに楽天Payが使えること自体は良い発見だった。

 

 

 

 

次に考えたのは期間限定楽天ポイントを使って楽天市場で買い物すること。ずっと前から欲しかった iPad Pro 10.5インチ が安ければ買ってみたい。

 

楽天市場を覗くと…

f:id:min117:20210520004908p:plain f:id:min117:20210520004955p:plain

39,100円か…

iPadの1枚にそこまでかけるのはどうもコスパ悪い気がして手が伸びない。iPad Pro って薄いからかえって液漏れ破損してそうだし。

 

楽天市場楽天ポイントの使い方としては王道だろうけど無駄に高いんだよね。中古のCランクで液漏れしてるかもしれないタブレットに4万円弱を出す気にはならない。のでこれもパス。

 

やはり、コスパ最高で楽天ポイントを使うとすればラクマ一択だろう。 

f:id:min117:20210520011302p:plain

 

物色すると良さげなWindows10パソコンがあった。

f:id:min117:20210520005515p:plain

ちょうどWin10パソコンがほしいと頼まれていたところに2014年出荷モデルのCorei3 2.4GHz、NEC5,500円。これは悪くないぞ。

 

Windows10が載って、状態もかなり良さげでこの値段。

f:id:min117:20210520005731p:plain f:id:min117:20210520005821p:plain

ポチってしもうた

 

5,500円を期間限定の楽天ポイント支払う。

f:id:min117:20210520005924p:plain

現金に代替し得ないクズポイント有益な物体に変わる。素晴らしい。

 

支払い完了。それでもまだ 31,843ポイントもある

f:id:min117:20210520010121p:plain

次はこれでスマホを買うことにしよう。

 

 

 

レンタルサーバXREA上のwordpressをhttps化する(無料SSL使用)

f:id:min117:20210516140414p:plain


BATをチャリンチャリンする
には

Brave公認のクリエイターになる必要がある。

 

クリエイター登録サイトは入り方にコツがいる(メール認証が必要になる)うえに動きがちょっと怪しいが…

min117.hatenablog.com

まあ大丈夫そうだし、ログインしてチャリン設定を進めよう。

 

まずはbitFlyerのアカウント(おサイフ)を作成して、自分のBraveアカウントと連携することが必要だ。これはこないだやった

min117.hatenablog.com

 

次に②自分のサイト登録が必要だ。自分がクリエイターとして提供するコンテンツ(wordpress)の詳細をBraveに知らせる作業だと思えばいい。

コンテンツなんていえるほど大仰なものは持ってないが、でも

 ・仮想通貨のうち、どれが面白そうと思ってるか

 ・どんな実験をしようと思っているか

 ・それをやった結果、前後で、通貨の価値がどう変わったか

を配信することはできそうに思う。

 

とはいえ幼稚なYoutuberになる気は一切ない。実験結果を記事にしたいだけ。

なので、

「ウェブサイト」を選んで進める。

 

登録するコンテンツ(サイト)レンタルサーバ借りて即日作ったった。

min117.hatenablog.com

 

 

Brave社からはさらに

「おぬしが本当にそのサイトの所有者なのか証明せよ」

「以下のいずれかの方法で証明せよ」と指示される。

 

つまり

.well-known ファイルを配置する か、

DNSレコードを編集する か

いずれかの方法でサイトの所有を証明する必要がある。

 

※ この時点で、例えばこの記事(Hatena Blog)をコンテンツとして登録することは不可と分かる。Hatena社が(自分の広告の商売敵である)BraveのBATポイントに与するわけはなく、.well-knownファイルやDNSレコードを置いてくれるハズないのだから。

 

で、今回は「.well-knownファイル」つまり認証用ファイルを置く方法で進める。

ここでさらに条件が。認証用ファイルをcreateするに④サイトのhttps化SSL対応)が必須らしい。ハードル高いなぁ。

 

①②③までは済んだ。

あとは④だけだ。

チャリンまではもうすぐだ。頑張る。

 

https化設定

マニュアルどおりやる。
www.xrea.com

 

レンタルサーバXREA)の管理画面にログインして、サイト設定を開く。

 

ドメインにはMainとSubがあるが、優先順位2のほうの設定画面に入る。

f:id:min117:20210516140949p:plain

工具マークをクリックすると、黒い画面が現れる。

https化するときは転送設定(エイリアス)は効かないらしいので

転送設定 にある文字列は全て消す

SSLの欄で「無料SSL」にポチつける。

したうえで「サイトの設定を変更する」を押す。そこから最長24時間待つとhttps化されるようだ。

 

しばらく待ってみる。

 

次回はいよいよBATクリエイター登録して、気になってる通貨の記事を書く。

 

※ アクセス社制限も調べなきゃ。wordpressって.htaccessでやるんだか。専用のプラグインなのか。