min117の日記

初期desireもち。趣味Mac,メインFedora,仕事xp。

fedora 「.fuse_hidden…」という名の巨大ファイルの削除

「.fuse_hidden...」という隠しファイルが、HDDを圧迫している。

f:id:min117:20170718214145p:plain

以前も似た対応をした。

min117.hatenablog.com

このときは、fedora上の共有フォルダにネットワーク経由でmvしようとしてゴミが残ったのが原因だったけど、より詳しい解説のあるサイトを発見。

lsof や find コマンドで fuse.gvfsd-fuse の警告が出る問題について調べてみた | レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント

fuse」とか「gvfs」とか、漠然と見ていた文字列の意味がはっきりした。

f:id:min117:20170718212134p:plain

 

 

f:id:min117:20170718212331p:plain

原因調査に使うコマンドは4つほどらしい。順に実行してみる。

$ sudo cat /etc/mtab | grep gvfs

f:id:min117:20170718213056p:plain

$ sudo ls -l /run/user/1000/gvfs

f:id:min117:20170718213116p:plain

$ ls -dl /run/user/1000/gvfs

f:id:min117:20170718213130p:plain

$ ps aux | grep gvfsd-fuse

f:id:min117:20170718213141p:plain

対処としては「対処2」に示される方法がよさそう。

f:id:min117:20170718213203p:plain

この対処も実際に実行してみる。

$ sudoedit /etc/fuse.conf

f:id:min117:20170718213810p:plain

あれ?もともと user_allow_other の記述があった。このままにする。

f:id:min117:20170718213818p:plain

fedoraCentOS系なので「fuseグループへ追加する」は行わない。

$ fusermount -zu $XDG_RUNTIME_DIR/gvfs

f:id:min117:20170718213918p:plain

$ killall gvfsd-fuse

f:id:min117:20170718213950p:plain

$ /usr/libexec/gvfsd-fuse -o big_writes -o allow_root $XDG_RUNTIME_DIR/gvfs

f:id:min117:20170718214016p:plain

消せるかどうか確認してみる。

 

$ sudo rm -rf ¥.fuse_hidden00*

f:id:min117:20170718214523p:plain

あれ?ダメだ。消えない。もう少し試す。