読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

min117の日記

初期desireもち。趣味Mac,メインFedora,仕事xp。

fedora LXDEのデスクトップセッションでApplicationが実行できない

 

Linuxのデスクトップてのは、どうしてもダメだ。「いつの間にか壊れる」というのが正直な感想。Windowsはおろか、Macに追いつくのにあと20年はかかる。普及も、サーバと組み込み以外のことろでは、するまい。

いきなり出たエラーはこれ。xdg-menuがコケてるらしく、Windowsでいうところのスタートメニューに当たるバーのアイコンが亡くなりはじめ、アプリケーションが起動できなくなっていく。

f:id:min117:20160110003433p:plain

端末を開いてCUIで何かしようとしても同じエラーで起動できない。

f:id:min117:20160110003424p:plain

 

このサイトを参照になおしてみる。

ameblo.jp

 $ obmenu

GUI呼び出し。

f:id:min117:20160110003833p:plain

Execte欄を書きなおして保存するけど、保存できない…

デスクトップ自体を一般ユーザ(fedora)で呼んでるけど、権限が足りてないから保存できないんだと思う。ログインそのものをrootでしなきゃいけないんだろう。だとすると、セキュリティもあったもんじゃない。

デスクトップマネージャーを一般ユーザーで呼んでも正常に動くようにするところから調べなきゃか。Linuxのデスクトップほんと面倒くさい。 

ーーー

調べた。やっぱ権限の問題だった。

一般ユーザ(fedora)が起動メニューの定義フォルダを参照できないかったのが原因。

解決方法

$ cd ~/.config/openbox/

$ chmod 777 lxde-rc.xml

$ cd ..

$ chmod 777 openbox/

 スタートメニューのバーにアイコンが復活して、クリック起動できるようになった。

f:id:min117:20160110012519p:plain